在宅ワークと規則正しい生活について

在宅ワークをしている人は、好きな時間に自分の家で仕事を出来るということもあり
時間の使い方に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。
外で働く場合はその職場のルールに合わせるため、朝起きる時間も出社時間に
間に合うように設定します。
しかし在宅ワークでは、たとえ朝何時に起きようとも好きな時間に仕事ができるため
どうしても生活が不規則になりがちです。

家族と一緒に住んでいる人はまだいいです。
自分だけいつまでも寝ていると家族に白い目で見られるため、最低でも朝のうちに
起きることが出来るでしょう。
しかし一人暮らしの人は誰も文句を言う人がいないため、夜型になる方がとても多く
見受けられます。

在宅ワークもちゃんとした仕事なのですから、体を壊してはどうにもなりません。
しっかりと仕事を行っていくためにも健康管理には気を使いたいものです。
やはり一番の健康管理は規則正しい生活をすることなんですね。
朝のうちに起きて、夜のうちに寝ることが大事です。
朝のうち…つまりは最低でも9時頃までには起きたいですね。
夜はなるべく日付が変わる前に寝たいところですが、どうしてもキリの良い所まで
進めてしまいたい場合も多いと思います。
その場合は限度として、2時までには布団に入る癖を付けたいですね。

2時に寝て9時に起床すると睡眠時間は7時間となり、十分な睡眠時間になります。
この時間を最低レベルとして、少しずつ早く起き早く寝る癖をつけるとよいでしょう。

三食しっかり食べることもとても大事です。
在宅ワークの方は、つい仕事に熱中するあまり食事を忘れてしまうことがあります。
食事を取らずに作業をすると、低血糖を引き起こします。
人間は血糖値が下がると脳の働きが悪くなります。
そうするとかえって作業効率が落ちてしまうのです。
手が離せない場合でも、飴や甘い物など摂るようにして低血糖の状態は避けたいものです。
昼食食べてる余裕が無いなら、菓子パンなどでも構いません。
低血糖だけではなく、食事を抜き続けると栄養失調にもなりかねません。
自分の体をしっかりいたわり、より良い作業環境を整えたいですね。

SNSでもご購読できます。