理由があって会社員の副業をする人とは

副業は今や社会に定着しつつある言葉です。副業と言えばイメージとして主婦層が時間のある時に家計の足しにするためにする、という感覚がありますが、実は会社員のような定職を持った人も副業をするケースがあります。会社員の副業で人気なのはネットを使った副業です。ネットビジネスもその一つであり、その他にもクラウドソーシングのような仕事やアフィリエイトもネットビジネスに含まれます。会社員の副業でネット関係が人気なのは、やはり場所を選ばずに仕事ができることが大きな要因です。今はパソコンの普及はもちろんですが、スマートフォンやタブレットといった端末が普及して、家の中だけでなく外にいてもネットにつなげれる環境になりました。そのため会社員であっても、会社の休憩時間や通勤時間を使ってちょっとした仕事をすることもできます。そういった理由から会社員の副業においてはネット関係が人気です。それではなぜ会社員が副業をする必要があるかと言えば、それは人にもよりますが結果としてはお金が必要だから副業をするのです。例えば本職の給料自体が少なかったり、歩合制で不安定な場合は副業で少しでも賄おうと考えられます。他には家族には内緒の借金があって、お小遣いだけでは返済できない額の場合に副業で稼いだお金で借金の返済をする、というケースもあります。実際に家族に内緒で借金して、その返済のために副業をしている人が知人にいます。毎月のノルマは2万円ほどだそうです。本職に加えて休日も副業をして、毎月の返済日になんとか2万円を作れるようにしているそうですが、そういった追われる生活と言うのはとても大変そうでした。しかし今のところ家族には借金はばれていないようで、返済も遅れていないそうです。副業する理由は様々ですが、会社員の副業の場合は年間20万円以上の収入があれば確定申告の必要があります。また本職の職場が副業禁止の場合はリスクがあることを少なからず認識しておくことが必要です。

SNSでもご購読できます。