幼い子供を持つ主婦でも出来る仕事

特に、子供が小さい頃は、予防接種や、病気になったら主婦である母親が病院につれていかなければいけませんので、なかなか勤務に出る事は難しい状態です。そんな時、家で出来る仕事が有ると自宅で子供の面倒を見ながら仕事が出来るので、大変助かると思います。私は、3つ違いの男の子2人を育てながら、家で出来る仕事を見つけてやっていましたので、その時の事についてまとめます。
子供が幼い頃、自宅で始めた仕事は、塾の先生でした。私は、今まで、教員の免許も持っていませんでしたし、子供に勉強を教えた経験も全然有りませんでしたので、こんな自分でも、塾の先生が出来るのか、最初はとても不安な気持ちでした。塾は、大手の出版会社が経営していて、そこに応募して、簡単な適正検査と面接を行い、入社試験に合格したら、自宅で、塾の教材を取寄せて、机や本棚などをレンタルして、塾を始める事になりました。
地域の子供たちを集めて、自宅で塾を行うのですが、最初に、チラシ配りを自分でしなければいけませんでした。最近のマンションはセキュリティーが厳しいので、ポスティングがなかなか出来ませんでしたので、個人宅にチラシを配る事が多かったので、多少苦労しました。塾と言っても、自宅に看板や張り紙をすることも無かったので、通りがかりの人が話を聞きに来ることはほとんど有りませんでしたが、ポスティングのかいあって、数人のお子さんが、母親と無料体験に来てくれて、入学してくれました。
塾を開く事は、家で出来る仕事としては、内職などに比べてかなり率の良い仕事でした。教えるお子さんの数が増えると、お給料も増えて行く仕組みなので、週に2回、数時間頑張れば、パート勤務位のちょっとしたお給料を稼ぐ事が出来ました。引っ越しするまでの1年半位、自宅で塾をやっていましたが、口コミでお友達を紹介してもらって、最終的には70人位教えていましたので、自分では、多少やりがいも感じていました。

SNSでもご購読できます。