ネット副業における税金対策と仕事調整

ネット副業を行う際に気を付けたい事として、副業収入は一定額を超えると確定申告が必要というものが
あります。本業以外の収入が年に20万円以上になると確定申告が必要ですので、ネット副業で効率よく収入を高めるには確定申告時の税制を頭に入れて行う必要があるのです。

年間収入20万円を超えるネット副業は、雑所得あるいは事業所得として通常の所得に上乗せして
税金計算されます。年収150万円のフリーターがネット副業で19万9千円の収入を得ていた場合は
確定申告時に基準とされる年収は150万円のまま、ネット副業の収入額が20万円の場合は170万円の
年収があったものとして申告しないといけないのです。
年収150万円の場合の税額は150万円×5%=7万5千円です。
これが年収170万円になると170万円×5%=8万5千円となります。
つまり、このケースですとネット副業で年間19万9千円稼いでいた人がさらに千円分の仕事をした場合、
支払う税金が1万円増えてトータルで9千円損する上に確定申告の手間までかかってしまい大損となるのです。

こういった損を無くすには、ネット副業含むの副業年収の合計金額を20万円未満になるように調整すれば
いいわけです。ネット副業にほとんど力を入れておらず月に1万円程度の収入になっている人は
確定申告を気にせずともよいのですが、月に1万5千円から2万円程度の収入で20万超えるかどうか微妙な人は
19万円を超える辺りで来年までネット副業をやめるのが賢明です。

ネット副業が確実に20万円を超えている人の場合は仕事量の調整が不要かというとそうではありません。
所得にかかる税金は累進課税になっており、195万円・330万円・695万円・900万円・1800万円を
超える度に税率が跳ね上がります。
例えば年収が1800万千円円ある人は1800万千円×40%-279万6千円=440万4千4百円の税となり、
千円分の仕事で400円も税金を取られる事になり割に合わなくなります。
本業の収入が非常に大きい人の場合は副業にかかる税金も多大になるので、下手に副業に力を入れても
大して得にならないのでほどほどにするのがお勧めなのです。

SNSでもご購読できます。