もし空き部屋があれば、個別指導塾はいかがでしょうか

家で出来る仕事といえば、今ではクラウドソーシングなどが代表でしょうか。
元手がなくても慣れれば時給換算で1000円くらいは稼げます。
ただ、もし空き部屋をお持ちで、ある程度の学歴のあるかたでしたら、今おすすめなのは個別指導塾です。
個別指導塾ならそれほどの元手もかからずに開業でき、空き部屋があれば家で出来る仕事なのです。
現在では大手のフランチャイズ個別指導塾が増えており、フランチャイズに加盟するにはかなりの加盟金が必要です。
確かに大手のフランチャイズに加盟すれば、教材や講師の募集の仕方など、一定のフォローがあるかもしれませんが、加盟金を回収できるまで利益が出るかどうかは微妙です。
教材は市販のもので十分ですし、講師はまず自分がやれば良いのです。
なにより家で出来る仕事で、時間の都合もつけやすいのが個別指導塾の良いところです。
ご自分の時間の都合のつかないときは、生徒さんと時間を調整することができます。集団指導の塾だと、時間の変更などは大変ですが、個別指導塾なら時間を調整しやすいのです。
もし生徒さんが増えてきて、人手がたりなくなれば、その時にある程度のフランチャイズに加盟すれば良いでしょう。ただ、フランチャイズに加盟しても講師の募集はオーナーに丸投げされているところが多いです。過度の期待は禁物です。フランチャイズに加盟するということは「看板料」くらいに思っておいたほうが良いでしょう。
もともと日本には寺子屋や私塾があります。寺子屋や私塾などは塾の祖先だと思うのですが、現在大手の進学塾ももともとは小さな私塾からスタートしたところが多いのです。
平成24年度からはゆとり教育が終わって、中学校の教科書の内容が一気に難しくなりました。
少子化と言われていますが、都市部では、ある程度の塾の需要はあるのです。
駅前の個別指導塾の数を見れば一目瞭然だと思います。少子化が叫ばれている割には個別指導塾の数が増えていませんか?
もちろん、競争原理が働きますので潰れてしまう塾もありますが、元手を掛けなければ撤退も簡単です。
いかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。