会社員の副業はFXトレードがいちばんいい

会社員は毎朝起きて、会社に行き、決められた時間を働いて、タイムカードを押して家に帰ります。
つまり、朝の7時くらいから夜の8時くらいまでは、仕事に時間を取られてしまいます。
そうすると会社員の副業は、それ以外の時間を使わないといけません。
休日に働くと言う手もあるのですが、ここでは平日の使わない時間、すなわち夜の8時から朝の7時までを使って会社員の副業をして、休日はがっつり休んで次の週の仕事に備えると言う方法を提案したいと思います。
そして私が会社員の副業としておすすめするのがFXトレードです。
FXの事は何となく知っていると思いますが、もう一度説明したいと思います。
FXは簡単に言うと通貨売買です。
例えばドルを円で買って、差益を出す、ドル円相場での取引などがそうです。
例えばドルを100円の時に買って120円の時に売れば20円の差額分が儲かるというわけです。
他にも売りから入る方法もあるんです。
ドルが120円の時に売りというポジションどりをして、100円のときに買い戻すと、やっぱり20円儲かるのです。
つまり、ドルが上がって円が下がりそうだなと思う時も、逆にドルが下がって円が上がりそうだと思った時も、どちらの時も勝負ができると言う事です。
さてこのFXトレードがなぜサラリーマンにおすすめかというと、先ほど書いた夜8時から朝7時までの間も取引可能だからです。
株式取引の場合はそうはいきません。
午前11時から午後3時までしか取引をしていないからです。
しかしFXの場合は世界の市場と取引ができるようなシステムになっています。最初はニュージーランド市場から始まって、徐々に東から西へ移動していきます。日本市場や中国市場、そのうちにヨーロッパのロンドン市場が始まって、そしてアメリカ市場で一周です。
一日中どこかの市場が空いているため、いつでも取引可能なんです。
寝る前にロンドン市場で勝負したり、早朝アメリカ市場で勝負するなど臨機応変に儲けちゃってください。

SNSでもご購読できます。