家でできる仕事の定番は内職から専門職に

これまで家でできる仕事といえば軽作業などの内職というイメージしたが、今では自宅にいながら子育てや家事の合間に出来る仕事というのはかなり増えてきました。これまでの内職では作業効率が一つ1円など非常に単価の低いものだったので、時給換算では500円にも満たないということも多々ありました。
しかし、子育てを行い家でできる仕事といえば限られていたので皆単価の少しでも高い仕事を奪い合うように行っていたのですが、最近ではパートや正社員の時給に匹敵する内職も登場しました。それは内職という言葉のイメージを変えるクラウドソーシングサービスを利用した仕事の獲得です。数年前からクラウドソーシングという言葉が新聞や雑誌でよく目にするようになりましたが、これはこれまでの仕事の概念やキャリア形成のあり方を根本から変えるサービスなのです。
クラウドソーシングではデザインやシステムエンジニアなど特殊な技能を持った方が自分で直接クライアントと接する中で仕事を獲得することが可能です。これまで地理的条件や時間的条件にかなり制限されていたこれらの営業活動を家でできる仕事に変換したクラウドソーシングの果たした役割は強大なものになります。
これまで結婚後専業主婦になった元デザイナーやシステムエンジニアが、再び家庭にいながら第一線で活躍できるという非常に効率的なシステムになっています。
またこうした面は雇用主側にとっても非常に利便性の高いものになります。これまでスキルの高い人材に仕事を依頼するには、固定休を支払い安定した職場を提供する必要がありました。しかし、専業主婦など時間的な拘束が厳しい人材を確保するのは難しいという状況だったので、企業側も泣く泣く優秀な人材を取り逃がしていました。
しかし、クラウドソーシングならば第一線で活躍した優秀な人材と直接交渉し、仕事に応じて報酬を支払うことが出来るので双方にとって非常にメリットの大きな雇用関係になります。

SNSでもご購読できます。