本の売買は家で出来る仕事の中でも簡単です

性格上外仕事が苦手だった私は、家で出来る仕事を探していた時期があります。そこで目をつけたのが本を売り買いするというお仕事でした。元々インドア派だったことも関係して、本を読むのが趣味なのがこの仕事に結びついたのです。そして、本の売買で稼ぐということ、これが意外と簡単なことだとわかりました。通常のせどり、まあ中古本を手に入れて売り出す作業というと、お店に実際に足を運んで何かしらめぼしい書籍を手に入れて、それをリヤカーやら車に積んで売りさばきに行くといった、何とも面倒な作業を必要とするものでした。しかし、今やインターネット時代の到来のおかげで、その作業時間はグッと大幅に短縮されました。私が簡単だと言った理由はココにあります。主に使っているインターネットのサイトは、楽天とアマゾンです。楽天は楽天オークションという場所を使っていて、アマゾンはアマゾンマーケットプレイスという場所を使っています。どちらも世界中の人々と書籍の売買ができます。ここがすごいところです。本来ならば本を売るといった行為は、せいぜい一日で移動できる範囲の本屋やフリーマケットなど、とにかく狭い行動範囲内でしか売買することができませんでした。ネットを利用するだけで、日本だけに留まらず、海外の人との売り買いもターゲットに入れることができます。買いも売りも、加速度的にやりやすくなりました。また、今売れやすい本がどんな本なのかというリサーチのやりやすさも段違いです。例えば楽天ブックスやアマゾンドットコムの書籍の売り上げランキングを覗いてみます。そこでは、今の人々がどんな本に注目しているのかとか、これからどんな本を買おうとしているのか一目瞭然のリストが公開されています。無料で公開されているので誰でも見ることができます。あとはその本のジャンルと傾向を元に、同じ本が中古で安く売り出されてないかリサーチしたりと網を張るだけです。本は元々そんなに高いものではないし、家で出来る仕事の中では出費が比較的優しいほうなので、初心者のお金稼ぎにはベストだと感じました。

SNSでもご購読できます。