ひきこもりの人でも出来る仕事です

ひきこもりが問題視されてから随分経った気がするが、これの何が問題なのか具体的に説明できる人はあまりいなさそうだ。税金を納めていないから、と言う人もいるだろうが、それを言いだすのなら税金の無駄遣いをしている人を非難する方が早いだろう。彼らが働き始めたからといって、それほどの税収増は期待できない。それならば今、税金を自分の貯金であるかのように使っている人達を問題にした方が早い気がするのである。

まぁ、ともかく生活するには多少のお金がいるのだから、何らかの方法で稼がなくてはいけない事に変わりない。ひきこもりだとその点で圧倒的に不利になってしまうだろう。だが、そんな彼らにとって都合の良い状況が生まれつつある。既にご存じかも知れないが、ネット副業というものがあるのである。これなら自宅にいるのにお金を稼げるという事が可能になるのだ。

例えばテープ起こしなんかは誰にでも分かりやすい仕事だと言えるだろう。数分から数十分程度の音声を聞いて、それを文字に変換して行くのである。音声の聞き取りは案外手間が掛かるので、この様に人に任せる事が増えているのである。昔ならばテープを専門業者に郵送する等していたはずだが、ネットのおかげでそれらの手間の一切を省く事が可能になった訳だ。

ネット副業だけで数百万の収入を稼ぐのは正直厳しいが、年間数十万円なら何とかなるのではないかと思う。外で働くのは難しいけれども自宅ならば人並み、あるいはそれ以上に頑張れるというひきこもりの人達は多い。お金さえ稼げればこれらの問題の9割は解決したと言えるのではないか。そもそも誰に迷惑を掛けている訳でもないが、さらに問題点を指摘しにくい状況に持ちこめる訳だ。

とにかく急いで検索をしてネット副業がどんなものなのか把握して欲しい。おそらくその中に自分でも出来そうな仕事が見つかるはずだ。ネットには良くない面も多いが、このような好例もあるのは救いである。

SNSでもご購読できます。