ヘソクリの代わりに副業をしておこう

何らかの理由によって夫の収入が途絶えた時のために、ヘソクリをしている主婦が多いと聞く。普通に貯金をすれば良いのにと思うかも知れないが、そういう事はしない、できないという人達もいるのだ。一説によると全世帯の3割くらいが貯金ゼロだとも言われている。この中にはしたくても出来ないという人達もいるかと思うが、それよりは貯金できるけれど、あえてしないという人の方が多いと思う。ただ、問題はヘソクリできるだけの収入が夫にあるのかという事だ。

もしもそれが無い場合は、主婦の副業を検討してみてもらいたい。比較的楽な作業なので、身体への負担も軽いだろう。夫の収入を生活費に充てるようにして、自分の稼いだ金額は全て貯蓄に回すなんてお金の使い方が良いかも知れない。少額では意味がないというのは、お金持ち的な発想である。1ヶ月に数万円しかなかったとしても毎月続けていれば大金へと変わってくる。困った時には、それが頼りになるはずだ。もちろん、そこまで追いつめられない様な状態にしておく事は意識すべきだと思う。あくまで万が一の備えだという事を忘れてはいけない。

イザという時の備えとして始めた主婦の副業だが、やっている内に思いのほか儲かってしまったなんて事もあるかも知れない。副業と言っても昔ながらのパートばかりではなく、新しい仕事が続々増えているのだ。その中には、今までよりもずっと報酬が高い物も用意されている。本人の頑張り次第では夫の稼ぎをはるかに上回るなんて事も不可能ではない。

稼ぐ手段を複数持っておく事は生活する上で強みになるだろう。人生というのはいつ何が起きても不思議ではない。夫が、或いは妻が急病で入院する事になったなんて事はよくある話だ。そんな時でもお金に困らない状況を作り上げておこう。主婦の副業をする目的で最も多いのは、自分のお小遣いを稼ぐためだそうだが、このようなリスクを分散する手段としても非常に価値がある事なのだ。

SNSでもご購読できます。