ハムスターによる発電で稼ぐ副業

家庭で発電した電力を売るという主婦の副業が流行っているそうだ。代表的な物は1戸建ての家の屋根に設置されているソーラーパネルであろうか。設置する際に、それなりに費用が掛かるから直ぐに元手を回収できる訳ではないが、数年間、或いはそれ以上の期間発電し続けていれば元手を回収し、さらには利益を生み出す事も可能になって来る。

ただ、この方法の問題点は結果が出るまで時間が掛かるという事だろう。そこまで待てないという人は大勢いる訳で、そんな人達にはまた別の方法で発電する事も出来るので、そちらをやってみてはどうだろうか。例えば非常にユーモラスな方法としてハムスターによる回し車発電というものが挙げられる。これと同じ事を人間がやったのなら滑稽であるが、ハムスターにとってはストレス解消と運動になるからツラくはない。むしろやった方がいい事なのである。

今までなら人間にとって単なる無意味な運動に過ぎなかったハムスターの動きが、電力に変わるのだから好都合である。こんな主婦の副業があったのかと驚くばかりであるが、その一方で問題点も無い訳ではない。やはり身体が極めて小さいため、発電量が極めて少ないのである。ただ、見ているだけで楽しいし、ほんの僅かかもしれないけれどお小遣いになるのだから楽しいという意見が多い。

数ある主婦の副業の中でも稼げる額は少ない方になってしまう。だからと言ってやるべきではないかというとそういう訳でもない。これは家における庭みたいなものであろう。食べる所と寝る所さえあれば人間は生きていけるが、それだけでは生活は楽しくない。一見無駄に思える物の存在が人々の心を癒してくれるものなのだ。

将来的にはハムスターよりも大きい犬や猫、牛や馬などがこの発電方法に使われる可能性もあるそうだ。電力が不足したら大変だと言われている昨今だが、このように電力を生み出す事が出来れば、それらの不安も一気に解消されるのかも知れない。

SNSでもご購読できます。