2015年 9月 の投稿一覧

制限が一切なく副業出来るのが、ネット副業の良さ。

家でできる仕事、いわゆる在宅ワークはいろいろな利点が存在しています。まず一つは、時間を有効活用できることです。例えば、サラリーマンやフリーターの人ならば、休日や帰宅後の空いた時間を利用して、在宅でお金を稼ぐことが出来るのです。家で仕事を行うことにより、ちょっとした空き時間もお金に換えることが出来るのは、在宅ワークならではの利点だと思います。

それから、他に利点を挙げていくとすれば、土地に収入が左右されないことです。例えば、自分でお店を作ってお店でビジネスを行う場合は、土地により売り上げが変わってきます。例えば、東京の渋谷にお店を作るのと、地方の田舎にお店を作るのでは、やっぱり渋谷のお店の方がチャンスは大きいです。

しかし自宅でネットを使えば、ビジネスや仕事を始めるにあたって感じる、地域間格差も一切関係がなくなります。それは、地方の田舎に住んでいてもネットがつながれば、仕事が行えるからです。このようにネットを使えば、自分の在住地や土地により収入が左右しないのも、家でできる仕事の利点です。

つまり、家でできる仕事をするならば、当然ネットを使ったビジネスや副業に目を向けるべきです。そして、それらといえば何かスキルがなければできない、という固定観念があります。分野によってはそうなのですが、あくまで空いた時間で行う副業と考えれば、難しいスキルも要らない場合もあります。

例えば、通販サイトに中古品を出品したり、ブログを作ってみたりすることは、誰しもが行えますよね。もちろん、それらの中で収益を大きくするのは、それなりのノウハウが要りますが。また、最近は書籍類やネット記事を見ても、ネットでのビジネスのノウハウの情報は多いので、決して無理な話ではありません。

それから最後に挙げられるのは、家でできる仕事は人に縛られないというメリットがあります。やはり、会社勤めをすると人間関係や、仕事上のノルマなどで大きなストレスを感じることになります。しかし、家で仕事をすれば自分の時間を作って、ペースも作って仕事ができるので、人に縛られずに自由に働けることが言えます。

家で出来る仕事からステップアップ

妊娠や出産など、また介護の必要が出てきたというときなどは、仕事をやめたり休んだりする必要が出てきてしまうことがあります。一度ブランクができてしまうと、それを取り戻すのは大変ですし、その後の転職や仕事の継続などにも影響が出てきてしまうことがあります。そういったことがないように、ブランクを作らない方法を検討してみる必要があるでしょう。
そこで取り組んでいきたいのが家で出来る仕事です。それほど対価は高くないものが多いですが、少しでも仕事を続けていることで仕事への勘を失わずに済みます。場合によっては在宅勤務などの形で仕事を続けることが出来る可能性もあるので、そういった面も考えながら休職や退職の手続きを取っていくようにしましょう。仕事を続けることが難しい場合は、これまでやってきた仕事に近いもので家で出来る仕事を選んでいくのが良いでしょう。そうすると自分の中に仕事のスキルを積み重ねて続けていくこともできますし、転職などの際に仕事を続けていたことをアピールすることもできます。単なる収入を得るという事だけでなく、将来へのステップアップのために仕事を探すのだという意識を持っていくとよいでしょう。
育児や介護などの問題を抱えながら仕事を続けることは大変かもしれませんが、自分で続けていきたい仕事であればそれほど苦にはならないはずです。むしろ、家庭だけで完結せず、社会との接点を持ち続けていくことが出来るという事は人生においても大きな意味を持っていきます。逆に仕事がストレス解消につながることもあるのです。
事情があって仕事をあきらめようとしている方は、こうした家で出来る仕事などに取り組んでいくことで少しでも社会へかかわっていくということを意識していきましょう。一つ一つの仕事が将来の仕事や生き方につながると考え、より高いクオリティを出せるように取り組んでいくとよいです。ステップアップすることをあきらめない姿勢を持つことが大切になります。

家で出来る仕事として和裁の仕事を続けていた祖母

私の母方の祖母は大正の生まれで、もう90代後半ですがまだ元気です。
昔は女学校などを出るのは大変だった時代でしたが、母方の祖母は家が裕福だったようで、その歳で女学校を出ているのです。
祖母の実家は呉服屋をやっていて、祖母も昔から和裁をその母から習っていたといいます。さらに和裁だけでなく、華道や茶道や料理などさまざまなことを習っていました。そのためか祖母はとても上品で知識も豊富な人です。私は華道や茶道など何も知らないので、いつもすごいなと思っています。
その祖母は専業主婦だったわけではなく、家で出来る仕事として和裁の仕事を続けていました。
さすがに今はもうやっていませんが、60代くらいまでは現役でやっていたというので、すごいなと思います。
当時は女性が働くのはまだ少数だったはずなので、大変ではなかったかと思いますが、祖父もそういう点で大変理解のある人だったらしく、ずっと和裁の仕事はやっていたようです。
家で出来る仕事なので、家事や育児との両立もしやすく、祖母自身そこまで大変ではなかったといいます。
子どもたちのために家にいてあげたかったようなので、そのためにも家で出来る仕事を選んだと言っていました。
注文がたくさんきてしまい、締切りの前などの時には徹夜をしたりして大変だったようですが、普通の日にはうまく自分でスケジュールを組み立てて動いていたそうです。
祖母は体も丈夫だったようで、あまり風邪を引くこともなく、今まで大きな病気で入院したこともありません。丈夫な体は財産です。入院したのは出産の時だけだというので、本当にすごいなと思います。
和裁というのはとても緻密な仕事で、技術がものを言います。祖母の技術は定評があり、たくさんのお得意さんがいて仕事に困ることはなかったようです。お小遣いにも不自由なく、趣味のしながら仕事も頑張っていたというので、まさに理想の暮らしだなと思います。これからも元気で長生きしてほしいです。

女性向け副業としての添削について

女性向け副業としては、添削がお勧めなのではないでしょうか。女性向け副業として、やはり全然体力がなくても出来そうなのが、添削が女性向け副業としてお勧めできる理由です。もっとも、肉体労働の分野への女性の進出も進んでいるようなので、そのようなイメージはいずれはなくなっていくものなのかもしれませんが、添削が女性向けであるということはほとんど動かしがたいものなのではないでしょうか。
しかし、添削バイトに関しては、なかなかバイト先が見つからないというのが難点なのではないでしょうか。某社では年に一度だけ広告を出しているようなのですが、そのようなものを見つけるというだけで相当の努力が必要なのではないかと思われます。また、添削はかなり丁寧にしなければならないということもありますし、締め切りがかなり厳しいということもあります。
出産前でも締め切りを遅れるとかなりお金を取られるということもあって、仕方なく添削をしていたというようなケースも聞いたことがあります。とにかく、細かい仕事ではあり、それを一定の時間内に行わなければならないわけですから、けっこう大変であることはたしかです。
しかし、それに向いている人がいるというのも事実です。実際、某社の添削なんかは相当高い学歴の人でも喜んでやっているというのはあるようです。それなりに学んできたことを生かせるというのはあるからかもしれません。向いていない人にとってはつらいことでしょうが、向いている人にとってはほとんど転職のようなものであり、ずっとやり続けることになるようです。
やはり、自分に向いた職業を見つけるというのは大切なことではないでしょうか。添削というようなものは、たしかに、教育者という側面も持っているために、決して卑下するような仕事ではないのではないかと思われます。現代社会では、自分に向いた職業をしっかりと見つけるということがとても大切になっていることは疑いありません。

サラリーマンやOLが夜中に家で出来る仕事

インターネットが普及する中で様々な副業が誕生しています。これまで副業といえばあくまで生活費の足し程度のものでしたが、アフィリエイトやFXなどで成功した方の中には本業の収入をはるかに凌ぐほど稼いでいる方が大勢いらっしゃいます。
こうした方々に共通する成功の法則はサラリーマンやOLとして働きながら地道に作業を続けてきたということです。いわばサラリーマンやOLなどの定期収入があれば究極のリスクヘッジといえるので、例え株式投資やFXで損をしても極端なハイレバレッジで取り引きをしなければ借金を背負うこともありません。そのため定期収入があればリスクを管理しつつ心理的にも安心して取り引きを行うことが出来るので、サラリーマンの方は非常に大きな強みを持っているのです。
こうしたサラリーマンの方が家で出来る仕事としてはやはり投資が最も効率的です。株式投資の場合には午前9時から午後三時までの間が取引時間なので、ほとんどのサラリーマンの方にとって取り引きは不可能でしょう。もちろん前日や朝の内に注文を出しておいてケータイで確認するということも出来ますが、アメリカの株安や最近では中国初のショック安なども多いので、こうした自分の管理外の取り引きは危険です。理想はパソコンの前で常に万が一の状態を想定して行うのがいいでしょう。
そうなると家で出来る仕事としてFXが望ましいと言えます。FXは24時間市場が動いているので、帰宅後の18時から就寝前までいつでも取り引きを行うことができます。家で出来る仕事としてはこうした時間の融通というのが非常に重要になりますが、FXではパソコンやスマートフォンなどツールも揃っているので、効率的に条件を満たしています。
もちろん株式投資と同じく投資であることには変わりはないので、相応の知識とリスクマネージメントが必須です。勉強して相場にのぞむことが必要ですが、それも仕事終わりの数時間を勉強に費やせば十分リターンとして取り戻せるでしょう。

本の売買は家で出来る仕事の中でも簡単です

性格上外仕事が苦手だった私は、家で出来る仕事を探していた時期があります。そこで目をつけたのが本を売り買いするというお仕事でした。元々インドア派だったことも関係して、本を読むのが趣味なのがこの仕事に結びついたのです。そして、本の売買で稼ぐということ、これが意外と簡単なことだとわかりました。通常のせどり、まあ中古本を手に入れて売り出す作業というと、お店に実際に足を運んで何かしらめぼしい書籍を手に入れて、それをリヤカーやら車に積んで売りさばきに行くといった、何とも面倒な作業を必要とするものでした。しかし、今やインターネット時代の到来のおかげで、その作業時間はグッと大幅に短縮されました。私が簡単だと言った理由はココにあります。主に使っているインターネットのサイトは、楽天とアマゾンです。楽天は楽天オークションという場所を使っていて、アマゾンはアマゾンマーケットプレイスという場所を使っています。どちらも世界中の人々と書籍の売買ができます。ここがすごいところです。本来ならば本を売るといった行為は、せいぜい一日で移動できる範囲の本屋やフリーマケットなど、とにかく狭い行動範囲内でしか売買することができませんでした。ネットを利用するだけで、日本だけに留まらず、海外の人との売り買いもターゲットに入れることができます。買いも売りも、加速度的にやりやすくなりました。また、今売れやすい本がどんな本なのかというリサーチのやりやすさも段違いです。例えば楽天ブックスやアマゾンドットコムの書籍の売り上げランキングを覗いてみます。そこでは、今の人々がどんな本に注目しているのかとか、これからどんな本を買おうとしているのか一目瞭然のリストが公開されています。無料で公開されているので誰でも見ることができます。あとはその本のジャンルと傾向を元に、同じ本が中古で安く売り出されてないかリサーチしたりと網を張るだけです。本は元々そんなに高いものではないし、家で出来る仕事の中では出費が比較的優しいほうなので、初心者のお金稼ぎにはベストだと感じました。

家でできる仕事として書道教室を開いた義母について

最近、義母が家で出来る仕事として自宅で書道教室を開きました。
自宅で使っていない部屋があるので、そこを使って教室を開くことにしたそうです。
義母はもともと習字を習っていて、段も持っているようです。
確かに休日になると書道の集まりに出かけたり、よく字を書いているのを見かけることがありました。
半紙代などもかなりかかるようなので、自宅で書道教室を開くことは前々から考えていたようです。
しかし仕事をしているためになかなか副業をする余裕もなく、定年まで待つことにしたようです。
やっと定年になったので、晴れて書道教室を開くことにしたそうなのです。書道教室なら家で出来る仕事なので、家事との両立もうまくできます。
義母のお母さんである義祖母も家で出来る仕事として和裁をやっていたそうなので、親子ですごいなと思います。
義母の始めた書道教室は結構繁盛しているようです。
それまでは住んでいる地域には書道教室はなかったためか、遠方の教室に通っていた生徒たちがぞくぞくとやってきました。
近所の公園で見たことのある小学生の子たちも来ていて、早速繁盛してよかったなと思います。
義母の教え方は良いらしく、ついでにしつけもしているというのですごいものです。
私はそもそもあまり子どもの相手が得意ではないのと、人に何かを上手に教えるということも苦手なので、先生には向いていません。とても自宅で教室を開くというようなことはできないので、義母はすごいなと思います。
書道教室にはうちの子供たちも通わせようと思っています。
義母も喜んで教えてくれると言っているのでありがたいです。
5歳の長女は平仮名もカタカナも漢字も少しわかるので、習字にも興味を持っているようです。
幼稚園でも字が綺麗だと先生に褒められたので、これから書道教室でもっと字が上手になるといいなと思います。
素敵な家で出来る仕事を見つけた義母は本当によかったと思います。これからも応援していきたいです。

家でできる仕事は、時間に縛られない

家でできる仕事は、時間に縛られないですね。しかもその数は多くありどのような物をしてもお小遣い程度になるのではないでしょうか。家でできる仕事でも専門的な物は難しいですね。パソコンを使ったりするような物でしたらできますが物を作ったりするものは道具などないとできませんね。しかし今は家でできる仕事で野菜を作ったり食べ物を作ったりするものもあり趣味でも実益になりますね。少なくとも野菜など作れば食費が浮きますしなんといっても自然健康で体にいいですし体を使いますので健康にはもってこいですね。またパソコンでプログラムなど作れる人は自分で遊びなどのプログラムや売れそうなプログラムなどできいい才能ではないですか。このように家でできる仕事は一人一人違いますし才能や趣味など様々です。多彩な趣味がある人なら副業で稼ぐこともできますし何かをやってみるといいのではないでしょうか。家でするのですから時間に余裕がある人やまた体などが悪く外に出れない人などがすると便利ではないでしょうか。家と言うことでどのような家でも仕事はできます、でもワンルームなどでしたら限られるのではないでしょうか、一軒家でしたら広い家で大掛かりな差牛もできますのでその分いろいろできるのでお得ですね。ガレージなどあれば大掛かりな物で出来ますし、整備士免許などある人ならば家のガレージで車のメンテナンスなどして副業もできますね、特別な技術があればいろいろできますし仕事で特殊な物をしている人は仕事場でも家でもどこでもできる物ならば何でもできますね。仕事で遅く帰る人は家でするとなると大変です、疲れた体で家出するとなると疲れが取れません。本業に影響が出るのでもしするとなるとほどほどにしないと疲れが取れません。ですから休みの日などにすると有効に使えるのではないでしょうか。時間に余裕がある人ならば一番多くできますので有効な活用が出来ますね、多彩な趣味がある人が一番いいです。

家で出来る仕事でがんばれば未来が開ける

家で出来る仕事があるおかげで、私はとても助かっています。家で出来る仕事がなければ、どうなっていたかわかりません。「どうしたらいいのだろう」と悶々としながら、ここ数年過ごしてきました。このままでは最悪の道を選ぶしかないのかもしれないと考えたことも何度もありました。
ところが、今年に入ってから家で出来る仕事を見つけ、自分にできるかどうかわからなかったものの、「このままではどうせダメになるのだから、ダメでもともとの気持ちでやってみよう」と自分に言い聞かせ、その仕事をやってみることにしたのです。

初めは単価の低い仕事からチャレンジしてみました。安い仕事でしたが、自分の力でお金を稼いでいるという実感があって、なかなかに充実した気持ちになったことを覚えています。最初は1日1,000円稼げるようになるのが目標でした。1日1,000円稼ぐということがこんなに大変なことだとは知りませんでした。でも、コツコツとやっていればいいはずです。100円のお仕事を10個やれば1,000円になるのですから。

しかし、なかなか1日1,000円稼ぐということができない日が続きました。それでも、「まだ初めたばかりなのだから」と考えながら、がんばりました。慣れてきたところで、少しずつ単価の高めのお仕事にもチャレンジするようにしました。すると、1日1,000円という目標を達成できる日が続くようになってきました。

「よし、この調子でがんばろう」と自信がついてきました。自信がついてくると、もう少し高い単価のお仕事にチャレンジしてみようと考えることができるようになってきました。自信がないとなかなか手を出せないものなのです。自信というものは、とても力があるものなどいうことに気づきました。

それからは、1日に3,000円、4,000円と稼げる金額が増えていきました。いろいろと試行錯誤しながら、数ヶ月が経ちました。最近は、1日1万円~5万円ほど稼げるようになっています。チャレンジしてよかった。私の人生は仕事が家で出来るということにより、こんなに変わりました。本当に感謝しています。

もし空き部屋があれば、個別指導塾はいかがでしょうか

家で出来る仕事といえば、今ではクラウドソーシングなどが代表でしょうか。
元手がなくても慣れれば時給換算で1000円くらいは稼げます。
ただ、もし空き部屋をお持ちで、ある程度の学歴のあるかたでしたら、今おすすめなのは個別指導塾です。
個別指導塾ならそれほどの元手もかからずに開業でき、空き部屋があれば家で出来る仕事なのです。
現在では大手のフランチャイズ個別指導塾が増えており、フランチャイズに加盟するにはかなりの加盟金が必要です。
確かに大手のフランチャイズに加盟すれば、教材や講師の募集の仕方など、一定のフォローがあるかもしれませんが、加盟金を回収できるまで利益が出るかどうかは微妙です。
教材は市販のもので十分ですし、講師はまず自分がやれば良いのです。
なにより家で出来る仕事で、時間の都合もつけやすいのが個別指導塾の良いところです。
ご自分の時間の都合のつかないときは、生徒さんと時間を調整することができます。集団指導の塾だと、時間の変更などは大変ですが、個別指導塾なら時間を調整しやすいのです。
もし生徒さんが増えてきて、人手がたりなくなれば、その時にある程度のフランチャイズに加盟すれば良いでしょう。ただ、フランチャイズに加盟しても講師の募集はオーナーに丸投げされているところが多いです。過度の期待は禁物です。フランチャイズに加盟するということは「看板料」くらいに思っておいたほうが良いでしょう。
もともと日本には寺子屋や私塾があります。寺子屋や私塾などは塾の祖先だと思うのですが、現在大手の進学塾ももともとは小さな私塾からスタートしたところが多いのです。
平成24年度からはゆとり教育が終わって、中学校の教科書の内容が一気に難しくなりました。
少子化と言われていますが、都市部では、ある程度の塾の需要はあるのです。
駅前の個別指導塾の数を見れば一目瞭然だと思います。少子化が叫ばれている割には個別指導塾の数が増えていませんか?
もちろん、競争原理が働きますので潰れてしまう塾もありますが、元手を掛けなければ撤退も簡単です。
いかがでしょうか。