2015年 5月 の投稿一覧

ネット副業における税金対策と仕事調整

ネット副業を行う際に気を付けたい事として、副業収入は一定額を超えると確定申告が必要というものが
あります。本業以外の収入が年に20万円以上になると確定申告が必要ですので、ネット副業で効率よく収入を高めるには確定申告時の税制を頭に入れて行う必要があるのです。

年間収入20万円を超えるネット副業は、雑所得あるいは事業所得として通常の所得に上乗せして
税金計算されます。年収150万円のフリーターがネット副業で19万9千円の収入を得ていた場合は
確定申告時に基準とされる年収は150万円のまま、ネット副業の収入額が20万円の場合は170万円の
年収があったものとして申告しないといけないのです。
年収150万円の場合の税額は150万円×5%=7万5千円です。
これが年収170万円になると170万円×5%=8万5千円となります。
つまり、このケースですとネット副業で年間19万9千円稼いでいた人がさらに千円分の仕事をした場合、
支払う税金が1万円増えてトータルで9千円損する上に確定申告の手間までかかってしまい大損となるのです。

こういった損を無くすには、ネット副業含むの副業年収の合計金額を20万円未満になるように調整すれば
いいわけです。ネット副業にほとんど力を入れておらず月に1万円程度の収入になっている人は
確定申告を気にせずともよいのですが、月に1万5千円から2万円程度の収入で20万超えるかどうか微妙な人は
19万円を超える辺りで来年までネット副業をやめるのが賢明です。

ネット副業が確実に20万円を超えている人の場合は仕事量の調整が不要かというとそうではありません。
所得にかかる税金は累進課税になっており、195万円・330万円・695万円・900万円・1800万円を
超える度に税率が跳ね上がります。
例えば年収が1800万千円円ある人は1800万千円×40%-279万6千円=440万4千4百円の税となり、
千円分の仕事で400円も税金を取られる事になり割に合わなくなります。
本業の収入が非常に大きい人の場合は副業にかかる税金も多大になるので、下手に副業に力を入れても
大して得にならないのでほどほどにするのがお勧めなのです。

おすすめのネットビジネスはオークション

ネットビジネスと聞くと少し難しいものを想像する人が多いのではないでしょうか。
でも意外と簡単なものから意外な収入を得ることが出来ます。

それがオークションです。

オークションってネットビジネスなの?という方もおられるかもしれませんね。
確かにオークションはいらなくなったものを一番高い値段を付けてくれた人に買ってもらいます。
「そんなにいらなくなるものなんて出てこないよ」という思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも何も過去に買った不要品だけを出品するというだけがオークションではありません。
例えば、こんなものもオークションで出せるのです。

・お店で配られているクーポン券
 コンビニ、ファーストフードなどお店の人が店先で配っているもの、また何かを購入するともらえる無料券など、もらっても自分では使わない、という人も多いのではないでしょうか。
 でも自分は使わなくても実際に使いたい人は全国にはたくさんいるのです。
 特に無料券などは、その販売金額よりも安い金額であれば得をするので特に人気です。
 オークションでは取引する価格も安く出ているものは大量に購入してくれる人もいます。
 発送する手間は多少かかりますが、それでも切手代などは購入した人が払ってくれますので、出品者が費用を負担する必要はありません。
 ただで配られているものが収入になるのですから、お小遣いかせぎにはもってこいだと思います。

・抽選などで当たった限定商品
 最近はコンビニや電気店などでくじを引くと当たる景品がありますよね。
 あれって、当たったことは嬉しいですが、意外と使わないことが多くありませんか?
 特定キャラクターのお皿などは、興味が無い人にはただのお皿ですし、逆にキャラクターが入っていることによって、使いづらいものです。
 でも、そのキャラクターが大好きな人は全国にたくさんいます。
 その人たちには限定で当たらないものほどレアなものなので、オークションを使って出品してくれるのを待っています。
 ただでもらえたものが数千円~1万円以上の意外な値段がつくものがあります。
 景品をもらった時には、ぜひオークションでお小遣いとして出品してみてください。

これらの無料で得たものをオークションで出品することで意外な収入を得ることが出来ます。
いらないから捨ててしまうのはもったいないです。

ぜひオークションでネットビジネスを始めてみてください。

ランサーズはとてもいい在宅ワークです

在宅ワークといえば、内職を思い浮かべる人も多いのではなにでしょうか。外に働きに行かなくてもお金を稼ぐ方法としては、なかなかいいことですが、内職の場合、作業をするのに、ダンボール箱がたくさん部屋に積み上げられてスペースを取られてしまいますので、住まいにある程度のスペースがなければやることはできません。
それに1時間あたりの単価が安くて、せっせと作業に集中しなければなりません。
その点でいうと、ランサーズのようにいろいろな仕事が提示されていて、自分に合った仕事を探しながらできるのはとてもいいことです。ロゴマークなどのデザインは競争になるので、それだけ力を注いで作業をします。
タスクのようにお題が出されて、それに対して文章を書く仕事は書くことが好きな人にはうってつけの在宅ワークだと言えます。
自分の部屋で、パソコンの環境が揃っていれば、いつでもできる仕事が多く、リライトなどの作業もすることができます。
一件当たりの単価はまちまちですが、中には簡単な作業だと5円から仕事があって、コツコツと仕事をこなすと、なかなかいい収入にもなります。
パソコンでの作業になるので、場所をとりませんし、ノートブックパソコンがあればできる在宅ワークです。
タスクは1件あたり有効時間が60分になっていますから、長文を考えながら書く場合は時計をチェックして、残り時間を確かめながら作業をしなければなりません。
在宅ワークとしては、ある一定の数をこなすと個別に仕事が依頼されたりして、クライアントとのつながりもできます。
楽しみながらできる在宅ワークとしては優秀だと思います。
これからは、もっとプロジェクトに力を注ぎたいと思っています。プロジェクトは依頼された案件に対して、自分で値段をつけて、提案することができるので、やりたい仕事を選ぶことができてとてもいいと思います。コピーやライティングは調べて書くことも多くて、物知りになるチャンスになります。

在宅ワークが広げる自分の可能性

収入がほしいけれど、働くことができないという事は多いものです。家庭の中の主婦は家にいるだけと思われがちですが、子供を育てていたり、介護をしていたりとどうしても手が離せないという事も多いものです。また、サラリーマンとして働いていて、さらに他の仕事をするという事は会社の規定で認められていたとしても体力面などを考慮すると現実的ではないでしょう。そのようなときでも収入を得る方法を考えていく必要があります。
そこで注目したいのが在宅ワークです。通勤が必要ではなく、在宅で仕事ができるという事で、これまで働くことができなかった人やダブルワークに踏み出せないでいた方なども新たな仕事をしやすくなってきました。以前は内職という形で低額の労働をしていくという形で、暗いイメージがありましたが、最近はパソコンでできる仕事や知的な能力を生かす仕事なども増えているため、それほどマイナスのイメージを感じにくくなってきました。
在宅ワークを始めることで少しでも収入を得ると、それをもとに次につながる資格取得などをするための勉強資金も生まれてきます。そうすると将来より大きな仕事につながっていくことになるので、大きな投資ができることになるのです。余っている時間をただ無為に過ごすより、少しでもお金に換えて自分の未来に投資してみるという考え方を持っていくのもよいことであるといえます。
安心して在宅ワークで働くためには、仕事の選び方も重要になります。訓練などと称して仕事をする前にお金を取るような業者は、訓練費用などを収入としていることもあり、仕事につながらない恐れも高いものです。まずは無料のところを探してチャレンジしてみるとよいでしょう。慣れてくると少しずつ余裕が出てきますから、仕事を増やしたり別ジャンルの仕事にチャレンジしていくのもよいです。得た収入は遊びに使うだけではなく、一部を将来に投資するため書籍などの購入をするなど、勉強に使うようにするとよいでしょう。

ネット副業ならアンケートモニター

ネット副業と一口に言ってもいろいろな仕事がありますね。特にインターネットが当たり前の時代になってからはネット副業の情報が溢れ、じゃあ結局どれが良いの?どれが本当に稼げるの?という迷える羊の声が様々な場所から聞こえてきます。そもそも簡単にお金を稼ぐ方法が簡単に分かれば苦労はしないわけであって、それを自分で見付けられた人だからこそ大金を稼げているのですから、これが正解、というものはないのではないかというのが個人的な考えです。ただし、それではあまりにも救いが無いので、私が最もおすすめするネット副業について書きたいと思います。それはズバリ、アンケートモニターです。普通すぎますか?地味すぎますか?普通で地味だからこそ、地道に努力した人が報われるのです。アンケートモニターを知らない方に簡単に説明すると、モニターサイトに自分のプロフィール情報を登録しておくと、あなたにマッチした様々な企業や団体からのアンケートがどんどん届くので、それに回答してポイントをもらい、溜まったらウェブマネーや商品券と交換する。ただそれだけのシンプルなサービスです。もちろん全てのアンケートに回答する必要はありませんが、たくさん答えれば答えるほどポイントが溜まります。ですが、いきなり頑張ろうとすると疲れてしまうので、まずは自分の興味が持てるテーマのアンケートから答えていくのが良いでしょう。ただし、小遣い稼ぎではなく、ネット副業レベルで稼ぎたいと思うならば、ちょっとした工夫が必要です。一つは、本アンケートに回答する権利を得ること。まずあなたに届くアンケートのほとんどは、答えても数ポイント程度しかもらえませんが、答えると本アンケートというポイントがたくさんもらえるアンケートが届くことがありますから、それを狙うことが第一歩となります。そしてもう一つは、会場調査に参加する権利を得ることです。普通のアンケートの他に、ごく稀に会場でアンケートやインタビューに答える調査への応募アンケートが届く事があります。これに当選すると、1日で数千円の謝礼を貰うことができるのです。これらのチャンスを掴めば、素晴らしい副業ライフを楽しむことができるでしょう。

在宅ワークをしていると運動不足になりますね

在宅ワークをしていると、運動不足になることがわかりました。考えてみれば、当然のことかもしれません。在宅ワークをしていると、会社へ通勤しなくてもよくなります。会社員は運動を特別にしなくても、けっこうな距離を歩いているものですからね。地方の会社員ならば、マイカーで通勤する人も多いですから、そういう場合は運動不足になるかもしれません。そういう面では、東京のサラリーマンの方が、たくさんの距離を歩いていると言えるかもしれません。在宅ワークをしていると家の中を歩くだけです。仕事の内容にもよるのでしょうが、パソコンを使って仕事をしているような在宅ワーカーならば、一日中座りっぱなしということもあることでしょう。もうまったく運動をしなくなってしまうわけです。
自宅で仕事をするようになれば、会社で働いているときのようなストレスがなくなるわけですが、このようにストレスが無くなることのメリットと、自宅で働くことにより運動不足になるせいで健康を失ってしまうことのデメリットは、どちらの方が大きいのでしょうね。どっちの方がいいのかと考えてしまいます。そもそも、運動はした方がいいのかどうかということもあります。聞いた話によると、人生において、心臓の回数がある程度の回数に到達すると、その時が寿命が来るなんてことを聞いたことがありますが、そういうことが本当だとしたら、運動をする人は、しない人よりも早く死んでしまうということになりはしませんか?これって、活性酸素というものが影響しているのだったりするのでしょうかね。わかりませんけどね。運動をすると酸素がたくさん入ってくることになるわけですから、それが活性酸素みたいなことになったりするのかと思ったりしているのです。家で働くことが快適な人にとっては、運動よりも家で働くことの方がストレスフリーでメリットという気もしないではありません。いったいどっちがどうなのかわかりませんよね。

ネット副業の種類を知ってお金を手に入れよう

お金を稼ぐ場は、何も外だけではありません。自宅でも簡単に、そして大きくお金を稼ぐことも可能なのが、今の世の中なのです。特にネット副業と呼ばれる稼ぎ方を活用することによって、会社員の方でも、アルバイトの方でも、十分な額を稼ぐことが可能になるでしょう。そこで、ネット副業の種類について、今確かめてみてはいかがでしょうか。一つ確かめるだけでも大きく変わりますし、人生にも影響するかもしれません。
ネットでお金を稼ぐというと、インターネットで全てを完結させるイメージを持つかもしれません。確かにその方法でお金を稼ぐことも可能となりますが、それ以外にもインターネットと現実をリンクさせてお金を稼ぐことは可能なのです。例えば、せどりという稼ぎ方はご存知でしょうか。この稼ぎ方は、インターネットで仕入れた情報を元に、実際に店頭で販売されている商品を安く購入して高く販売する方法を指します。インターネットで販売されている商品には、価値がしっかりと付けられているものが多く安く仕入れるのは意外と大変です。しかし、店頭で販売されているものの中には、価値が知られておらず安値で販売されているものもあるのです。まさに、現代の宝探しと呼べるのではないでしょうか。その種類は本やゲームなど、様々な商品が該当するので、気になる方は試してみるとよいでしょう。
インターネットショップを経営するのも、代表的な方法です。店を構えれば、その分お金が動くのは当然のこと。ニーズをしっかりと掴むことができれば、その分お金を稼ぐことも可能になるでしょう。自分の趣味を店に持ち込むのも良いですが、ネットショップはまず長く続けることが条件となるので、短期間で区切りをつけないように気をつけながら副業を楽しみましょう。
ネット副業は、手軽で大きく稼げる可能性を持った、非常に注目されている方法と言えます。自分の趣味を活かせる副業ならなおさら稼げるので、ぜひ探してみましょう。

バイナリーオプションはギャンブルかどうか

最近よく耳にするのがバイナリーオプションという言葉です。特にネットで副業を検索するとちらほら見ることができます。このバイナリーオプションはここ数年で急成長した投資です。副業でやっている人も多くいますが、実は部類としては投資になります。バイナリーオプションの仕組みとしてはとても簡単で、国際通貨の相場を当てるという内容です。例えば、今から10分後のある通貨のレートが上がっているか、下がっているか、という2つの選択肢から選ぶだけなので、とても単純な仕組みです。またそのレートが上がるか下がるか当てるだけで投資していた金額がどんどん増えていくので、当たれば快感に近いものもあります。そんなバイナリーオプションですが、投資という部類に含まれていながらギャンブルではないか、という指摘もちらほらあります。ある金額を賭けて(投資して)、結果を予測するだけで投資した金額が減るか増えるか、即結果が出ます。株もある意味毎日金額が上がったり下がったりして、売りどきによっては最初に投資した金額より多く返ってくることもあります。しかし株は特定の企業の株を購入しなければならないし、投資した結果がすぐに出るわけではありません。似ているような仕組みでありながら、内容は全く異なります。日本では2013年にバイナリーオプションはギャンブルである、と規制がはいったため、現在メインになっているのは規制がかかっていない海外のサイトが中心です。そのように日本ではギャンブルとみなされ規制されていますが、海外のサイトは規制がかかっていないため、そのサイトを利用してバイナリーオプションをする人も多くいます。ギャンブルとみなすかどうかは個人の判断にもよりますが、日本においてはギャンブル扱いが妥当に感じます。ある程度規制しなければ投資という肩書によってどんどん野放し状態になります。海外のサイトを利用してバイナリーオプションをする人もいますが、海外サイトは詐欺の物も多くあるので、利用する際は注意が必要です。

在宅ワークなら、クラウドソーシングサービスを利用しよう

子育てをしている最中の主婦など、あまり家をあけられないのだけれども、空き時間がないわけではない、という人は、在宅ワークという方向で検討するのもいいかもしれません。
パートなどができれば一番いいですが、家の事情によっては、そうもいかない場合が多いです。しかし在宅ワークならそうした事情に応じた仕事ができます。
在宅ワークには、クラウドソーシングサービスというものがあります。
ランサーズやクラウドワークスが代表的なサイトですが、そこでは、ネット上でいろいろな仕事が出されています。単純な仕事の場合は、ある程度自由があって、出されている仕事を、探している人が選んでこなしていくというスタイルです。
また、単価が高いものになると、仕事の期間、報酬などを、仕事を出す側、やる側で相談して決めてから、始めるという方法もあります。これの場合、会社員として働けない人でも、スキルがあり、それを在宅ワークでも発揮できる場合は、会社員として働いていたときと同じような収入を得ることも可能です。
実際、そうしたクラウドソーシングのサービスを使うことで、期間内に仕事を完成させられればあとは難しい条件を求められないですむということがあるので、会社勤めがつらい人であっても問題がないですし、また、住んでいる場所が山奥でも、都会の会社とも問題なく仕事を始めることもできます。自由な働き方ができるわけです。
在宅ワークというくくりではありますが、漫画喫茶で暮らしている人にもできますし、ファミレスでもできます。ネットにさえつながればできるわけです。
通常、そうした仕事を請け負うためには、それなりのつながりがないと始められませんから、結局、営業活動をしなければならないのですが、そういう面倒なところを飛ばして、仕事を出している人、探している人をダイレクトにつなげることができるという点で、クラウドソーシングサービスはちょうどいいといえるかもしれません。

私の会社でも、在宅ワークの方々に仕事を依頼しています。

私は地方にある通販会社に勤務しており、通販カタログや自社広告の制作業務、それから販売戦略立案等に携わっています。

私の会社では衣料品や生活用品、寝具などを取り扱っており、商品カテゴリーごとにそれぞれのカタログで構成されています。お客さまが全国にいるため、毎回少なくても30万部ほどは配布しています。ですので、カタログや印刷物で誤字・脱字があったりすると、間違った情報のまま30万人に配られてしまうため、注意が必要です。

そんな私の会社の通販カタログですが、年に何度もお客さまへお届けしており、毎回、別会社の方々がカタログを封筒に入れ、送ってくれています。こうした方々は1回封入していくらという歩合制なので、ものすごく早く作業しており、さすがプロといった感じの仕事ぶりです。ただし、私の会社のカタログは頻繁にお客さまに届けているため、カタログ封入係りの人たちも、繁忙期などの季節によっては対応しきれず、外注に任せてしまう時もあります。

外注先は、こうした作業を行うパートさんたちを取り仕切る会社なのですが、働く方々の多くは、在宅ワークとして行なっている方々です。20代から30代、そして40代といった主婦層が多く、まだお子さんが小さく、会社などに働きに行けない方々でも、仕事をしたいためにこうした在宅ワークを利用しているようです。

私も何度かこうした会社へ行き、私の会社の封入された通販カタログを引き取りに行ったこともありますが、働いている方々が自宅から車で封入したカタログを運び、この会社へ納品していました。在宅ワークとして働く方々は、みな仕事ぶりも丁寧で、私の会社のお客様たちからも、こうしたカタログ封入の件ではクレームなど一切もらったことがないため、大変助かっています。

会社勤めでないこうした在宅ワークは、自分自身の規律などしっかりしていないと、なかなか勤め上げることができないと思います。家事に育児にも頑張っているわけであり、こうした方々の努力には本当に感謝しています。